黒服屋雑記帳

ゴシック・ロリータを中心としたインディーズブランド、黒服屋の雑記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

夕顔楼 

お久しぶりです、鴉姫です。
年も明けて2015年となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

ここ数年は年末年始の年跨ぎは関西にて過ごしております。
今年は大阪に行って参りました。

大阪、とてもエネルギッシュで目まぐるしい街でした。
大阪在住のお友達に、かくある方面ではとても有名らしい面白いビルに連れて行って頂きました。
その名も“味園ビル”。ご存じの方は上の行で既に「あー、」となられたかもしれません。
千日前に佇む、みっちりと敷き詰められたたくさんの看板と、年季の入ったレトロなネオンが輝く大きな建物です。

何と言いましょう、一歩踏み込んだその瞬間から、どこまで続くか分からないくらい、
ディープで、濃厚で、サブカルで、アングラな空気……
壁一面に敷き詰められたアーティスティックなフライヤーの数々……
小規模で独特なバー等がたくさん、たくさん、どこまでも並んで冒険心をくすぐる感じ。
あにいくスケジュールの関係で飲食店の並ぶ2Fしか覗くことができなかったのですが、
もー既にその空気だけでおなかいっぱい。
長居をしていたらここの住民として取り込まれて出てこれなくなりそうなものすごい空気感でした。
お父さんお父さん魔王がいるよ。

その中でも一際胸のときめいたお店がございました。夕顔楼、というお店です。
扉を開けた瞬間から漂う異様な空気、たまりませんでしたね。
だってもういきなり美容師さん用の生首ちゃんがお迎えしてくれたもの。
入り口付近には胸躍る内容の本の数々が並んでおりました。
薄暗い店内は「ここで悪魔か幻獣でも召喚するのかな」というクラシックな内装。
BGMはマニアックですてきに心臓の底をくすぐってくるような選曲ばかり。
どうやら店長さんもそちらの方面にお詳しい方のようで、私の人見知りが発動してあまりお話できませんでしたが
お店にあるもの全てが私のハートを鷲掴みするものばかりでした。

店内ではそういったサブカルな内容の書籍の販売もされていたのですが、
ふと惹かれて手に取った本をついついおみやげに購入して来ました。

IMG_2407.jpg IMG_2408.jpg

林美登利さんのお人形の本♡
しかもなんと…この本のご制作に関わられた方々のサイン入り……
なんと貴重な…こんなものが普通に置いてある…すごいぞ夕顔楼。
宝物がひとつ増えました、うふふ。


by 鴉姫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurofukuya.blog92.fc2.com/tb.php/68-436f3f73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。